祖父は切手マニアです

日本において切手ブームが来たのは1950年代後半から1960年代頃のことでした。切手を購入するために長い列を作って並んだということもよくあったんです。それからずっと切手を集めているという切手収集家の方も多いです。2015年になった今、特殊切手、記念切手などの販売数がとても増えてしまったので切手ブームはもう来ることはないかと言われています。ですが好きな人は好きですし、集めていらっしゃる方も多いですよね。ですがやっぱり昔からずっと集めているという方が多くあまり若者の方で来てを集めているという方は少ないようですね。なので身近で切手を集めているという方は祖父だったり祖母の方であるというケースも多いです。おじいちゃんが切手をたくさん集めている、なんていう方も多いのではないでしょうか。もちろん今の現代の切手もですが昔の切手も絵柄がとても趣深いものもたくさんあって素敵なんですよ。祖父が切手を集めている、切手マニアだという方は一度見せてもらってはいかがでしょうか。そこで自分もはまってしまうかもしれませんよね。
www.kaitoriten.xyz