脇汗でパッドが手放せない

とにかくわきの汗がきになってしかたありません。そのためお洋服にはとても気をつかいます。

できるだけ汗の目立たない素材をのものを選んだり色も気を付けています。

でも実際着たい服をがまんしないといけないのはつらいのでたまには気にしないでいいものを買いたいときもあります。

そんな時はなるべく家族やとても仲良く汗に理解のある友達と出かけるときのみにしています。

また以前グレーの服を着た時にわき汗に気づかずに手をあげてわきのしたびっしょりになっていたことがありとても恥ずかしい思いをしたことがあります。

そのためそれ以来汗脇パットがてばなせなくなりました。いつでもできるようにバックにもいれているしいつでもつけています。

春夏秋冬問わずに毎日つけるようにしています。冬だからって油断していたら意外と汗をかいていたことがありその時もわきに汗じみがあり恥ずかしかったから、それ以来トラウマのような感じでつけないと落ち着かなくなってしまいました。

また一番困るのは結婚式のようなパーティのときです。

ドレスを着ないといけないのでパットを付けるのが難しいので。

特に夏だとショールなど透けているものを着ることが多く汗脇パットを付けられないことがあります。

以前それでも気になるからと思って汗脇パットをドレスにつけて手を上げないようにすれば大丈夫と思いそれで出席しましたが、なんとパットが取れて落ちてしまいとても恥ずかしい思いをしました。

その時はどうしようもなく急いで拾いトイレに駆け込みましたが、本当に顔が熱くなるしよけいに顔汗がでてきたようなきがしてそれ以来パーティにはつけなくなりました。