福嶋第一原発の現在におもう。廃路は可能か。

春だというのに、不吉な記事をかくのは、恐縮だが、そなえあれば憂いなしである。最近ではあまり報道されることのなくなった福嶋第一原子力発電所の現在について先日久しぶりに検索してみた。

なんと、調査のために、投入したロボットがあまりの放射線量に故障をおこし、当初の予定の作業をこなせなかったという。さしあたり、格納容器内の放射線量はしらべられたらしいがが、その結果は、悲惨としかいえないものだった。人間が作業にあたった場合には、ほんの数分だったかで死亡するような線量だという。ロボットが作業できず、人間も作業できなかったらどうやって、だれが作業できるのか。物理学の基礎をまなんでいないとあまりぴんとこないかもしれないが、これは大変なことだ。なぜ大変かというと、核燃料というのは、冷やしていないと、制御不可能になって、爆発をおこす可能性があるからだ。廃路がもしできないにしてもずっとひやしている必要があるが、それが可能なのか。このままだと建屋も格納庫も老朽化がすすむだろう。そのときなにがおきるのか。現場では必死の作業がつづけられ、関係者も頭をひねっているとはおもうが、未知の領域である。制御不可能な火をてにいれてしまった人間の不遜がもたらしたつけといえば、それまでとはいえ、結果はだれかがひきうけなければならない。またこの現状をみるにつけ、かんがえさせられるのは、ほかの原子力発電所を稼動させて本当によいのかどうかということである。すでに、稼動をはじめた原子力発電所はあるが、見切り発車であった感が拭えなくなってきた。放射能には、遺伝子を傷つける作用があるのが、怖いところでもある。福嶋第一のその後が、予想以上に深刻である事実を正面からふまえた、エネルギー政策が、もとめられる。

PR:http://perfectpenisenlargement.com/