しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

日々の洗顔やスキンケアの積み重ねが、しわやたるみの予防に効果を発揮します。
スキンケアだけでなく、美肌効果がある食事をしたり、マッサージで皮膚の血流を改善することが、お肌のためになることといえます。

紫外線量は四季の変化によっても変わりますが、紫外線対策は冬でも雨天時でも行うよう心がけましょう。
かつては、適度な日焼けは健康にもいいと言われていましたが、最近では紫外線は肌にとってよくないものです。

強い紫外線を受けた肌は細胞が破壊されて、肌を傷めてしまうので、避けたほうがいいといいます。
紫外線を浴びることによって起きる肌の乾燥や色素沈着が原因で、肌の老化が進んでしまいます。
普段から、洗顔ケアをしっかりと行って、洗顔後のスキンケアで皮膚を保湿することが、肌を紫外線から守ってくれます。

顔を洗う時に注意すべきこととして、手で顔をこするのではなく、クレンジング剤を皮膚の上で優しく伸ばすことがあります。

泡を皮膚の上で転がすような感覚で、皮膚を指で摩擦しないように注意をしながら、手早く洗うようにするといいでしょう。

すすぐ時にはぬるま湯を使うことも大事なことです。熱い湯を使うと、皮膚に留めておくべき油分まで湯に溶け出してしまうからです。

洗顔が終わったら、皮膚がまだ湿っているうちに化粧水をふんだんに使って皮膚に浸透させ、乳液でフタをします。
この洗顔方法によって、紫外線で奪われた水分を肌に与えて、閉じ込めることが出来るようになり、しわやたるみの対策に役立ちます。

リペアジェル トライアルでまずは実感!