あなたの肌あれの原因は睡眠不足かもしれない

「若いから寝なくても大丈夫」などという人がいます。
そんな彼女の肌は荒れています。
「1日6時間は寝ないと肌に良くないよ」と言っても「忙しくて寝れない」「週末にたっぷり寝るから大丈夫」と言います。

寝不足と寝だめを繰り返していると慢性的な睡眠不足になり知らないうちに顔色が悪い、肌がカサつく、化粧がのらないなどの症状があらわれます。
睡眠をとらなければ肌に良くない理由として、肌の再生、ヒト成長ホルモンの分泌があげられます。

肌の再生は睡眠中に行われているため、睡眠不足が続くと肌再生は損なわれるといえます。
またヒト成長ホルモンは睡眠中に分泌されるもので、若さを維持するために必要なホルモンです。
ティティプル 楽天
寝不足の生活を続けているとヒト成長ホルモンの分泌までも減少してしまいます。
加齢とともにホルモン分泌は減少していくものですから、寝不足を長年にわたって続けていると肌の状態は悪化していくばかりです。

睡眠は美肌の鍵といわれますから、睡眠リズムを整えて、最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。