私立高校のケース

私立高校のケースでは学費は割高となりますが、その分担当の先生がきちんと様子を見て助言をしてくれたりするので、単位制高校の単位を取得して卒業してからも更にサポートし続けてくれる学校も実際にあります。

「ちゃんと高校に行けていないけれど、高卒資格を取りたい」「憧れていたことをしっかりと実現させるために、ライフスタイルに合った学び方ができる通信制高校で仕切り直したい」と思っている方に好都合なのが、一気に資料請求することが可能な情報ポータルサイトです。
中学校までの学歴しかないもしくは高校を途中でやめているという人が大学進学を目指すなら、毎日高校に通わなくても高校卒業資格を得る事ができる高卒認定試験を活用して進学に備えるのがいいと思います。コスト上の利点と時間の節約ができるというメリットの2つの大きなプラスがゲットできます。
通信制高校に関する様々なデータや、サポート校の授業内容の密度など、知りたい話題をふんだんに盛り込みました。ここを使ってあなた自身の疑問や悩みを解消し、次なる新しいスタートを切りましょう。
毎年全国の試験会場で3万もの人が高卒認定試験に取り組み、40%ほどの人がパスしています。大学あるいは専門学校等の教育機関への進学率においては、いつも合格した人の50%ほどにもなります。
参考:通信制高校サポート校<不登校対応の高校資料請求はこちら>
16歳以上になっていれば、高校を卒業していない人は誰でも受験できるのが高卒認定試験です。高校退学の時点から大学進学やその他専門学校などへの進学に取り組んだ場合、意外にも、早ければ半年ほどで大学や短大、専門学校への受験資格が得られるのです。