おいしいカニを見つける方法

ひとえに蟹と言っても色々ありますが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。
ズワイ蟹の魅力は、なんといっても蟹の身そのものの旨味を味わえること。
甘みが強くジューシーな味わいを堪能できます。
また、同じズワイ蟹でも、獲れた場所や旬の時期によってまた味わいが変わってきますので、失敗が怖い方は、無難にブランド蟹にしましょう。
今では蟹通販の業者はたくさんあります。
購入の際にはどの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、どのような業者を選べばいいのでしょうか。
お客様のことを第一に考えている業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、この人が直接蟹の産地まで買い付けに赴いて、品質や新鮮さなど、厳しい条件をクリアした商品だけを仕入れてくるので、消費者としては安心です。
そのような目利きのプロを置いている業者を選ぶのが重要だといえます。
良い業者を選び、美味しく蟹を味わいましょう。
上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと華のある食材で、かにの中でも、世界にその名を知られています。
上海を中心とした中国近辺の結構、生息地域は広いようです。
高級食材といわれますが、何でも食べるかにで、外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。
養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため上海ガニが輸入されないように一切禁止になっているところもあります。
蟹の種類の一つである渡り蟹。
ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。
現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。
近年、国産品は貴重になってきています。
最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、日本各地で食用として重んじられてきました。
調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。
おいしいかにを選びたい方、こんな方法があります。
ブランドがついたかになら、はずれなしと考えるというのもありですよ。
かにのブランドを知らなくても大丈夫です。
ブランド品ならどこかにタグやシールがついているはずです。
特定地域の漁港で獲れたかにであるという保証だと考えてください。
言うまでもなく、それが味の保証となっているので、この産地や名称に自信を持ち、ブランド化に至ったわけです。