肉を置いたときに「ジュッ」という音が聞こえたら合格

焼肉はたいてい焼きながら食べる、すなわち焼きたてで食べることが多いと思います。でもすれはすべての肉に最善というわけではありません。ステーキ肉や厚めの肉は、焼き上がりすぐではなく、焼き上がったら皿の上で休ませるとなおおいしくなるのです。それはなぜかというと、すぐに食べてしまうと肉汁は即座に流されてしまうからです。肉を休ませたら本当に肉汁たっぷりでジューシーな肉を味わえます。

網と鉄板ですが、お店では網で、ご家庭では鉄板で焼くことが多いと思います。鉄板を使ってご家庭で焼肉をする場合、十分に鉄板を熱してください。肉を置いたときに「ジュッ」という音が聞こえたら合格ですが、そうでなければ大きなミスです。そして肉はできたら常温に戻しましょう。ですから焼肉をする時は、計画的な方がいいですね。

ジューシーさが大人気のカルビ。とりわけ特上カルビは脂がたんまり。少ししっかり火を通しギュギュっと感触を楽しみましょう。少し中火で表面はカリッと焼きあげ、ひっくり返して均等に焼きあげましょう。

特上カルビは表7、裏3の焼き加減です。最後だけ火から少し遠ざけ脂を落とすとさっぱり頂けます。

あまり難しいことは嫌ですが少しのことで美味しく楽しめる焼肉。ぜひ極上の肉を極上の味で楽しんでください。

赤身,肉,ステーキ