紫外線を防止して美白を目指すためには

白く美しいお肌を守るには、紫外線防止が鍵を握ります。

紫外線を浴びた肌は、色がくすんだり、しみになったりします。
フルアクレフで美魔女を目指そう!

特に紫外線が多い時期は5月から9月で夏というイメージがありますが、実は5月から9月だけに限らず年間を通して対策をする必要があります。

もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。

大体10時から14時の間が、紫外線が強くなっている時間帯です。

1日に地球に届く紫外線の半分の量が、この時に来ているといいます。

昼間に外出をしないようにする事はなかなか難しい面もあるので、外出する時には日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

塗った直後ではなく、塗ってからしばらくしてから効果があることが、日焼け止めクリームの特徴です。

出かける直前に日焼け止めクリームをつけると、クリームの効果が皮膚に及ぶ前に紫外線がお肌を焼いてしまうことがあるので、要注意です。

また日焼け止めは、こまめに塗り直す必要があります。

夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。

また、効果がずっと続くものでもありません。

つけ直す頻度は、3時間に1回を目安にできれば確実性が高まります。

日焼けを防止して、美白を目指すためにはビタミンCの配合された化粧品やスキンケア商品を利用することが挙げられます。

紫外線の作用から肌を守り、肌の白さを維持するためには、美容成分であるビタミンCを有効に使いましょう。