ヒアルロン酸注入によって起こり得る副作用

たるみを改善したい、鼻を少し高くしたいなどの効果を望む人に人気が高いのがヒアルロン酸の注入です。

美容クリニックで、皮膚にメスを入れるのはためらうけれど、家庭でのスキンケアでは改善しきれないという人に適しています。副作用を警戒して、ヒアルロン酸の注入施術を受けるという決断ができないという人も少なくありません。

ヒアルロン酸注入で起こり得る副作用にはどんなものがあるのでしょうか。ヒアルロン酸は、人体にある成分と同じものなので、異物として過剰に反応される心配はありません。

内出血が発生したり、皮膚が腫れてしまったりという副作用が、ヒアルロン酸の注入では起こりえます。これは針を使用する限り避けられないことですが、1週間程度で引きますので、化粧でごまかすことができる程度のものです。

施術担当の医師の技術や、もともとの肌の状態によって、ヒアルロン酸を注射したところだけぽこりと出っぱることがあります。注入したヒアルロン酸を取り除くには溶解液の注射が必要です。また、マッサージで肌のなめらかさが戻ることがあります。

体に害はないですが、注入を繰り返すことでしこりができやすくなるので、短い期間で繰り返して行うのは控える必要があります。この他、考えられる副作用として、血流障害が挙げられます。

ヒアルロン酸の注入はリスクはそれほど高くありませんが、副作用があらわれる場合もありますので、事前に気をつけるべき点について調べておくといいでしよう。

http://buyhappynappers.net/