ステロイド剤

アンテベートというステロイド剤が手放せません。

掌蹠膿疱症を患い、良くなってはまた発疹ができ、手の皮が厚くなり破れていくのを繰り返す…

それに1番効いたのがアンテベートでした。

アンテベートを使うと、発疹がわりと早い時期に枯れます。

そしてすぐに皮が剥がれるようになりますが、皮膚の再生も早いのでポロポロと取れ、手のつっぱりも軽減されます。

皮も硬いのですが、厚い部分は取れるので、柔らかい皮膚に戻り、しばらくはそれで落ち着きます。

他の軟膏も使用しましたが、発疹が相変わらずでき続けたり、皮膚の再生にもなんら影響せず、痒みが少し軽減されるくらいでした。

この病気は、発疹ができるときに1番痒みを感じ、体が温かくなったりしても痒みが増します。

これをどうにかしたい一心で医師に処方されるがまま使っていましたが、私にはこのアンテベートが1番合っているようです。

ステロイドなので長距離使うのは良くないと思いますが、1日3回塗れば、掌や足の裏の痛み痒みも軽減され、きれいになっていきますし、1番いいときには保湿剤に切り替えられるほどです。

痒みや割れる痛みの軽減により、精神的にも楽になるので手放せません!!

http://www.hotelscedarpoint.com/