冬の肌ケア

1年じゅう、いつでも肌ケアは必須のことですが、冬にしなければならない肌ケアとは何でしょうか。冬は外気が乾燥しがちで、肌の水分不足が気にかかります。気温や湿度も下がり皮膚からもどんどん水分が失われていき、肌が乾燥したり小じわができたりします。肌を乾燥させないことが、冬は特に意識したいことです。屋内でも、暖房器具をよく使うことで湿度が低下することが多いようです。乾燥対策には、肌の保湿が大事です。風呂上がりや洗顔の後は肌が乾燥していますので、まずは保湿をしてください。わずかな時間でも乾燥している肌からは水分がどんどん逃げていきます。多めの化粧水で肌に水を含ませるといいでしょう。しっかり保湿をしたら、クリームや乳液でフタをして、これ以上肌から水分が逃げていかないような状態にすることも必要になります。最初に化粧水で保湿し、それから乳液などで乾燥を防ぎます。1日の洗顔の回数を少なくすることで、冬場のお肌の乾燥をできるだけ予防することも重要になります。洗顔のときは冷たすぎず、熱すぎないくらいの温度のぬるま湯で洗うのがおすすめです。お肌をケアするためにも、体質レベルで乾燥対策をするためにビタミンAのサプリメントを使うという方法もあります。ビタミンAは、お肌の皮脂分泌をコントロールする成分です。冬の肌を乾燥からきちんと守るためには、体の内部からのアプローチと、外側からのケアのコンビネーションが大事です。
脱毛ラボ 料金