紫外線からはきちんと肌を守るケアが大切

日焼けをしたい方、したくない方それぞれ居ると思いますが、どちらにしてもきちんとした肌のケアは必要です。

太陽光がもたらす紫外線は、皮膚を老化させることがありますので、紫外線に対するスキンケアは、しっかりやっておかなければいけません。お肌のしわやたるみが目立たないようにするには、紫外線に長い間皮膚を当てないようにしておくことが重要です。太陽光に肌をさらすと、一旦赤くなって白に戻る人と、黒く焼ける人がいます。太陽光を浴びるとまず赤くなり、次いで白くなる人は、肌が炎症を起こしたためです。もしも、太陽光を浴びると皮膚が赤くなるタイプなら、数年先に皮膚が老化しやすくなるかもしれません。肌の炎症や老化を防ぐためには、紫外線を浴びないように、しっかりと対策を施すことが必要です。

日焼け止めクリームを状況に合わせて使うことで、紫外線からお肌を守ることが可能です。SPFとは、日焼け止めクリームの効果の程度を表すものですが、これが高いクリームを使うというものでもありません。SPFが高めの日焼け止めクリームは、皮膚への負担も大きくなってしまいますので、要注意です。肌がガサガサしたり、肌荒れが起きやすくなる背景に、SPFの強すぎる日焼け止めクリームを使っている可能性があります。紫外線による肌への影響を軽減するために、日焼け止めクリームなどお肌に合うものを選択することが大事です。アリシアクリニック 銀座