脱毛のときのレーザーと光は違うもの?

脱毛するときにはレーザーでするものと光でするものとありますが、それによってどういう違いかというのは気になるところですが、基本的な脱毛の仕組みとしては実はほぼ同じになっています。

光にしてもレーザーにしても毛にあるメラニンという黒い色素に吸収されるようになっています。吸収されることで熱に変わって毛が熱を持つようになります。その熱が毛根にも伝わることで脱毛を促すようになります。

そのときの光の威力がより強くなっているのがレーザーになります。だから、毛にレーザーを当てると光に比べてより熱を持つようになります。そうすることで熱が毛根にも伝わって破壊していきます。だから、レーザー脱毛は永久脱毛と言われています。

一方の光ではレーザーほどに強い熱を伝えることができないから脱毛はできても毛根の機能を破壊するほどには威力がありません。そのためにしばらくすると毛根の機能が復活して毛が生えてくることになります。そのように差があります。

また、レーザーにしても光にしてもほぼメラニンだけに反応するから皮膚へのダメージがありません。だから安心してできるようになっています。

湘南美容外科岡山脱毛