最後は結局どちらかを信じること

浮気を調査をして浮気をしていないと信じることと浮気をしていると信じること。

この二つのどちらかを信じることが必要になります。

どっちつかずだと半信半疑のまま行動できないということになります。
これが一番良くない。行動できないと結局はストレスを抱えたまま生活するということになります。
そのストレスが生活を破壊する大きなエネルギーになるとも知らずに。
もちろんストレスを軽減しながら、日常生活を騙し騙し生活することはできるでしょう。
ストレスを抱えたままの日常生活は苦痛です。
そんな生活を続けるくらいなら、どちらかを信じて行動すればいいのです。
例えば、浮気をしていないということを信じているなら、その証明をする行動をするのです。
探偵に依頼して、浮気をしていないと証明してもらえばいいのです。
ちなみに浮気調査依頼の半数はこの浮気をしていないということを証明してくれというものだそうです。

原一探偵事務所に相談の依頼をするなら、証明することも可能かもしれません。