キャッシングとカードローンの意味の違い

英語のキャッシュがキャッシングの元になっていますが、日本では、キャッシングとは個人融資の金融サービスです。

カードローンはカードを用いて、お金を借りることができるサービスになります。カードローンでは、ATMや、CDなど、銀行やコンビニに置かれている自動支払機を使って、現金をやり取りできます。銀行の口座からお金を引き出すかのようにして、その場でお金を借りられる大変便利なサービスです。今では、ほとんどのキャッシング会社がカードをつくっていますので、カードローンとはキャッシングのことにもなっています。以前はキャッシングサービスを提供していた消費者金融会社は、店舗の窓口で直接お金を貸し付けるといった方法が一般的でした。しばらくしてから、専用のATMを置くようになったり、一部銀行のATMを使う時代を経て、最近はコンビニ等でもATMが利用できます。

最初のころは、キャッシングといえば、消費者金融が提供する個人向けの小口融資サービスのことを意味していました。同様に、カードローンとは銀行などが行っている小口融資のことで、カードをATMに対して使うものという認識になっていました。キャッシングとカードローンは、すみ分けが出来ていましたが、近年ではそれらの垣根が曖昧になっています。最近では、銀行がバックにいる消費者金融会社も登場しており、カードだけでくネットバンクからのお金のやり取りもふえて、状況は変わっています。銀行の傘下に入った消費者金融などでは、カードローンという名称を使うようになっており、線引きが無くなっているケースも見かけます。シースリー 予約